ブログネタ
ダイエットいろいろ に参加中!

六本木交差点すぐ近くのトレーニングジム『CLOVER』の代表CHISEIです。
ダイエットをしてるのになかなか痩せない、ちょっと痩せたと思ったらすぐに止まってしまう…。

そんな風に感じることがあったなら、睡眠を見直してみる必要があるかもしれませんよ?

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

 睡眠をしっかり取れている人は体脂肪がつかないというデータが最近話題になってます。
    
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82840120V00C15A2000000/ (参考)

もちろんこのデータは、
睡眠時間が短い人と痩せない人の相関は出ていますが、因果関係がハッキリしてないので正直イマイチなデータだと思います。

でも、実は
睡眠には大事な大事な役割があるのです。

それは「疲労を回復する」という役割。
実は人間にとって疲労を回復する手段というのは睡眠しかないんですね。 

え!?そうなの?と思った方。

例えば栄養ドリンクなどを思いつくかもしれませんが、あれは高濃度の糖分とカフェインによって一時的に元気になったようにみせかける食品です。

疲労が回復するわけじゃありません。

疲労で倒れた時などにお医者さんに打ってもらう点滴も主成分はブドウ糖の糖分です。
もちろん他にもビタミンCやB群も含まれているとは思いますが、あくまでも回復する手段ではなく、回復するために身体に必要な栄養素をチャージするだけなのです。


はい、これで回復できる手段は睡眠だけということがご理解いただけたかと思います。

それでは次に睡眠がどのように体を回復させるのかについて説明していきたいと思います…が、長くなるので次のテーマでお伝えしたいと思います。
 

では、なぜ睡眠が足りないと太りやすくなるのか?または痩せにくくなるのか?についてですが、身体というのは疲労が溜まると基礎代謝が落ちてしまうんですね。
基礎代謝というのは筋肉の熱量や内臓など運動量などを合わせた人間が一日のうちに消費するカロリーのことです。


考えてみると当たり前のことです。

疲労が溜まれば身体が動かなくなりますよね?
頭も働かなくなるし、胃腸だっておかしくなります。

そんな状態なのに基礎代謝だけいつも通りの訳ないですよね?

疲労が溜まれば体の基礎代謝は落ちるのです。
そして睡眠が足りないと疲労が全部回復せずに蓄積します。

あとは…おわかりですね。

基礎代謝が落ちているのに食事がいつも通りなら太ったり痩せなかったりするのは当然だと思いませんか?

※その他にも睡眠不足はストレスホルモンである「コルチゾル」を増やし、食欲を抑える「レプチン」の分泌を抑えます。

しっかり睡眠時間を確保して、疲労回復に努めましょう。
お風呂に入ったり、アロマなど、質の良い睡眠にしていただくとさらにいいですね。

←応援よろしくです。

BODY MAKE GYM CLOVERのFacebookページ
https://www.facebook.com/body.make.gym.CLOVER

BODY MAKE GYM CLOVERのTwitter
https://twitter.com/CLOVER_GYM